タマツラボ
カバーフォト

物流の工夫

株式会社タマツラボはウェブ、海外ビジネス、コミュニケーションについてのコンサルティングを提供しています。ここでは物流の工夫について考えていきます。

物流の工夫

輸出には多くの業者がからみ、物流が複雑になりがちです。物流が複雑になればなるほど、物流コストが膨らみます。輸送費や経費、各業者のマージンがからんできて、最終的な消費者価格はかなり割高になります。
物流が複雑になり物流コストが膨らむということは、逆に言えば物流コストを見直すだけでコストダウンが実現できるケースが非常に多いということです。多くの業者の利害関係が影響するため、特に輸出を始めたばかりのころはなかなかメスが入りにくい物流コストですが、商品の品質を落とすことなくコスト競争力を向上させていくためには、物流コストの削減は取り組まなくてはならない重要課題といえるでしょう。
物流コストはスケールメリットを出すことや、商品の梱包方法、あるいは商品そのものの見直しで削減することが可能です。
スケールメリットを出すとは取扱高を増やすことで商品一個あたりの輸送料金などを下げてもらうことです。
また、輸送料金はコンテナサイズによって決まりますので、梱包を工夫して同じサイズにたくさん入るようにしたり、商品を折りたたみできるようにしてコンテナ内に詰め込むことでコストダウンが可能です。
いくつかの他の企業と協力して物流を一手に引き受ける子会社をつくるという方法もあります。物流機能を専門家することで、書類作成などにかかる人件費などを削減していきます。
物流をいろいろな方法で工夫していくことは、物流コストをさげ、輸出品の競争力を上げることにつながります。

輸出のススメ

輸出の魅力 輸出による生産量の拡大
ブランドイメージの向上
競争力の向上
企業の国際化への第一歩
新たなアイデアの発掘
輸出のリスク 各国の関税等による障壁
クレーム、品質問題
商習慣と貿易摩擦
知的所有権
市場競争
輸出ビジネス 輸出手続き
現地での販売
現地生産化
情報の活用と駆使
物流の工夫

ビジネス・経営記事

ビジネス関連思想・経営関連
クラウドとビジネス
ソーシャルメディアとビジネス
ネットショップとその運営について
バイラルマーケティングの手法
ビジネスと広告
ビジネス交渉術
ブランドのすべて
ブログで人を集める秘訣
ホームページづくりについて
リレーションシップマーケティング
検索エンジン最適化(SEO)
心理学とビジネス
品質管理の基礎
傾聴とその効果
研究開発のプロセス
コンビニ経営について
家族経営論
ホテル経営とサービス
ユングと宗教心理学
飲食店経営のすべて
輸出のススメ
ビジネスと節電
原子力発電について
出口王仁三郎と霊界物語
輸入ビジネス
禅について少し
孫子兵法ビジネス
武士道のこれから
論語について
韓非子と法治国家
ページのトップへ戻る